Supernova〜マヤの放浪記〜

日常の出来事についての日記w
目標は1日一回日記をつけること。
負けず、挫けず、へこたれずをモットーに現実から生き残るべく頑張ります(>_<)
<< とうとう当日 | main | 外郎売 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
これほど…とは…



くそう

奴の力が…これほどまでだったとは…



やつを追う前に言っておくッ! 
おれは今やつのスタンドをほんのちょっぴりだが体験した
い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『おれは適性診断だと聞いてたがSPIを受けていた
   予想はしていた…だが、計算分野が始まったと思った瞬間
                        終了時間が来ていた』

な… 何を言ってるのかわからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった

頭がどうにかなりそうだった
超スピードだとか催眠術だとか

そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

 
みんな…気をつけろ…

俺には奴の正体を掴むことも、理解することすら叶わなかった

奴の存在

SPIという力を

そう、この俺のスタンド能力

「ダイス・ア・ペンシル」を使う間も与えられず

おれは敗れ去った・・・

フフ…やはりこのままいさぎよく焼けしのうとしよう…

それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀…自害するのは無礼だな…
| マヤ | 思うことがある時 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:24 | - | - | - | -









http://superno-maya.jugem.jp/trackback/541
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>